不動産売却における買取と媒介のメリット

不動産売却における買取と媒介のメリット

離れた場所にある実家を相続した場合、誰も住まない状態では管理も大変です。防犯上もよろしくありませんので、その場合は不動産売却も有効です。現金が手に入ることはもちろんですが、固定資産税や空家管理といった煩わしい手間から解放されるメリットもあります。そこで、不動産売却には幾つかの方法がありますので、不動産業者の探し方も含めてご案内していきます。

離れた場所にある実家を売却するなら

誰も住んでいない遠方の実家を売却する場合、基本的には地元の不動産業者が有利です。そのエリアで不動産購入を希望する顧客を抱えている場合が多く、買い手が見付かりやすいのがメリットです。しかし仕事が忙しく、現地へ赴く時間が取れない場合は、お住まいの近くの不動産業者に頼んでも良いでしょう。大手の不動産業者なら独自のネットワークで、全国の不動産売却に対応している所が数々あります。ですので、相談してみるのも1つの方法です。何れの場合でありましても、土地や家屋を売却する際は、買取と媒介の2つの方法があります。

買取と媒介のそれぞれのメリット

記事のイメージ画像

買取は不動産業者に直接売却する方法ですから、原則として必ず売ることができ、急いで手放したい時には最適な方法となっています。一方、媒介は不動産業者に販売活動を担当してもらい、買い手を広く募る売却方法です。そのため直ぐに売れるとは限りませんし、買い手が見付からなければ売却することもできません。ただし、買取と違い、販売価格に売主の希望金額をある程度上乗せできますので、高値で手放したい時は媒介が効果的です。そして、媒介には一般契約をはじめ、専任媒介契約と専属専任媒介契約という3つの契約方法がありますから、媒介で売る場合は何れかの方法で契約します。

媒介契約を選ぶ時はメリットを比較しよう

先ず一般契約ですが、この方法は複数の不動産業者と媒介契約を結べるのがメリットです。そのため「この業者に頼みたいけど、こっちの業者も捨てがたい」といった場合にピッタリです。それに対しまして、専任媒介契約では、1社のみしか契約できません。ですが売主が自力で買い手を見付けた場合は、個人間での売買が可能です。一方、専属専任媒介契約は1社のみしか契約ができない上、売主が買い手を見付けた場合でも、不動産業者を通すことになります。制約は厳しいですが、売却の際は必ず自社を経由するため、不動産業者が最も販売活動に力を入れてくれるのがメリットです。

まとめ

遠方にある実家の不動産売却を行う場合、早く売りたい時は買取が良く、少しでも高く売りたい場合は媒介が魅力的です。また、媒介には3種類の契約方法があり、それぞれでメリットが違います。そこで、複数の業者に頼みたい場合は一般契約を選び、自分でも買い手を探すつもりなら、専任媒介契約が適しています。そして、販売活動に最も力を入れてくれるのが専属専任媒介契約ですから、希望に合わせて最適な契約方法を選びましょう。

比較ページへのリンク画像