不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ

不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ

不動産売却を行った際に必要となるのが登記です。しかし中には何故行うのかわからず、業者の言われるがままに費用を支払っている人も少なくありません。そのためまずは不動産売却を行う前に登記のあれこれについて知っておくことをお勧めします。

何故登記を行う必要があるのか知る

不動産の取引を行ったり、相続などによって所有権の移転が行われた際には登記が必要となります。その理由として、不動産などの所有権というものは実際に住んでいる人が所有しているだけでなく、場合によっては別の名義人の建物に違う人が住んでいることも多々あります。そうなると何らかの事情でその不動産の所有権を移転する際、誰が権利を持っているのかがわからないのでは取引を行うことができません。そのため日本では登記を行うことで、その不動産の真の所有者が誰なのかを知ることができるのです。また固定資産税の課税もその情報を元に行われるようになります。

登記にかかる費用がどの程度かを知る

登記の必要性がわかった後に気になるのが費用に関する点です。この際必要な費用は登録免許税や印紙代などの租税公課と司法書士や行政書士が受け取る報酬部分の大きく分けて二つにわけられます。租税公課部分は取引を行う不動産の価格等によって変動しますが、どの司法書士に依頼しても必要な金額は変わりません。また不動産の価格が大きくなればなるほど、それに比例してこの金額も上昇します。一方後者の報酬部分は依頼する司法書士等によって変わります。そのため複数の業者で見積り依頼を行うのも一つの手ですが、不動産取引業者によっては司法書士を指定してくる場合もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

不動産売却を行う際に注意したいポイント

記事のイメージ画像

両親の相続などにより実家を取得したものの、遠方に住んでいるなどの理由から実家などの不動産売却を検討する際、他にも注意したいポイントがあります。まず挙げられるのが業者探しで、基本的には売却したい不動産の近くで営業を行っている業者に依頼するのがベターです。その理由として地元ならではの売買に関する情報を持っていたり、手続きをスムーズに行うことができるためで、場合によっては面倒でも直接会って依頼すると良いでしょう。次に挙げられるのが業者の費用に関する点で、取引を依頼することで仲介手数料が必要となりますが、宅建業法で上限は定められていますが下限は定められていないため、支払額が変動することがあります。そのためサービス内容や提示された売却額がほぼ同じであれば、仲介手数料の差で決めるのも一つの手です。

まとめ

不動産売却を行うことで、場合によっては数千万円単位のお金が動くことがあります。そのため損をしないためにも、一時的な判断で取引を行ったり業者に依頼するのではなく、前述の押さえておきたいポイントを事前にしっかり調べておくことをお勧めします。

比較ページへのリンク画像