不動産売却にはコツがあります!

不動産売却にはコツがあります!

不動産はとても価値の高い資産です。しかしながら、普通に不動産売却をしても自分の希望額どおりにはいくことは珍しいです。ここでは不動産をできるだけ高く売るコツを紹介していきます。是非参考にしてみてください。

売却理由は伝えずに市場価格に近い値段をつける

不動産売却を高く売るにはコツがあります。その1つとして不動産を売りたい理由は交渉相手には言わないことです。理由を言ってしまうと、相手に足元を見られてしまって、不動産売却交渉において不利な立場に立ってしまうからです。そうなると価格交渉で自分の希望額を大きく下回る場合が多々あります。万が一理由を聞かれたとしてもニーズの変化など一般論的説明をするのにとどめましょう。また、不動産の価格は勝手に決めるのではなく、リサーチした後に価格を決定しましょう。市場価格の上限にできるだけ近い価格をつけることをおすすめします。

不動産の市場価格を調査する方法

所持している不動産の市場価格を調査する方法は、同じ規模の建物や同じような間取りの部屋の売却歴をリサーチすることです。あるいは、自身が持っている地区と同じ不動産の売却歴を見ることも参考になります。いずれの場合も直近6ヶ月の売却履歴を参考にすることをおすすめにします。それ以上古くなると実情とあっていない可能性があります。ただし、規模が小さい場合にはなかなか売却歴を見つけるのは難しいので、不動産会社に仲介してもらって見積依頼をしてみるといいでしょう。不動産会社は最新の市場を調査した上で価格を出してくれます。

競合を知って市場価値を見極める

不動産売却のコツはまだあります。それはライバルを知ることです。所持している不動産の周辺のオープンハウスを訪れて、間取り、見た目、ロケーションなどのさまざまな観点から見てみましょう。現在の市場ではどのような流行があるのか、その価格はどのくらいなのかを知ることで、自身の持っている不動産の市場価値を客観的に見極めることができます。また、そうしたことが手間だと感じる場合は不動産査定士に査定依頼することも1つの手段としてあります。ただし、査定の費用がかかりますし、不動産市場は変動が激しいので参考にとどめましょう。

まとめ

不動産売却のコツにはさまざまなものがあります。交渉相手に売却理由を言わないこと、市場価格を調査した上で価格をつけること、競合相手を調査することなどです。ちなみに、不動産査定士に依頼すれば自分で調査することもなく査定価格を出してもらえます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

不動産売却における買取と媒介のメリット
不動産売却をしたら確定申告をする
不動産売却の手数料はかなり高い
不動産売却で一戸建てを高値で売却するには
不動産売却する際の費用やポイント
空き家に係る不動産売却益には所得税が課税される
不動産売却の仲介手数料は高くつく
不動産売却を円滑に行うための流れ
不動産売却に伴う登記申請書添付する必要書類とは
不動産売却には諸費用がかなりかかる
不動産売却は相場を考慮する必要性があるとは
不動産売却をするなら一括査定サービスを上手く使おう
不動産売却には様々な方法があるとは
相続した不要な不動産売却に伴う住民税・所得税
不動産売却する理由よって取引の流れが違うのか
不動産売却の手順とかかる経費について
相続した空き家を売却した場合は、不動産売却益から特別控除額を差し引く事ができる
不動産売却時における固定資産税の精算
不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ
不動産売却で控除を受けられる場合は
不動産売却に関連しているトラブル
不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!
不動産売却はタイミングを見て損なく売る事
不動産売却を有利に進める為のおすすめの方法