不動産売却に関連しているトラブル

不動産売却に関連しているトラブル

不動産売却を行う場合において、トラブルが発生するというケースは存在しています。ケースの種類は様々ですが、大変なことになる場合があるのでそれに巻き込まれないようにすることが重要です。そのためにも、トラブルの予防方法を理解しておくことが大切になってきます。

費用の請求に関係しているトラブル

一度は土地の売買を行うことに決めたものの、その契約を解除する場合に違約金がかかるというケースが存在しています。また会社側がその費用を請求するというケースなどもあるとされていて、かようなトラブルは裁判になる場合もあります。この形で契約を解除するという事態にならないようにするためにはあらかじめ取り決めることが大切です。また埋められている水道管などを撤去するために費用を請求されるというケースなどもあると言われています。発生すると売る側も買う側も困ることになるので、トラブルは起こらないに越したことはないと考えられます。

瑕疵問題に関連するものも存在する

費用の請求だけではなく瑕疵問題に関連するトラブルもあり、隠れていた瑕疵が見つかった場合、責任は売主の方にあるとされます。ただ、個人である売主の場合は一般的に責任を負わないで済む特約を付帯して売買します。この特約を付けておくことで瑕疵担保責任を負う必要がなくなりますが、売主が瑕疵の存在を知った上で告知しなかった場合は無効です。すぐに瑕疵が見つかる場合において、特約があるのに関わらず売主が請求されることもあり、その際に瑕疵を知っていたか否かが問題になるとされます。重要だと言えるのは、特約を付けたとしても、瑕疵に関してはきちんと知らせておくことです。

信頼することができる会社を選ぶようにする

記事のイメージ画像

不動産売却を行っていてトラブルに巻き込まれる場合がありますが、信頼することができる会社を選ぶことも重要なことだと考えられます。きちんと用心をした上で臨んだとしても、絶対にトラブルが起こらないとは限りません。かような会社を選ぶことによって、生じた場合でも適切な対応が行いやすくなります。逆を言えば、契約をするよう迫るような会社や迅速な対応を行わないような会社などは避けておくようにします。買主の都合が原因となって発生するものも存在することから、売主とともに解決してもらえる会社を選択するのが得策だと言えます。

まとめ

コミュニケーションがあまり取れていないために問題が発生することもあります。不動産売却を行う場合はコミュニケーションをきちんと取っておくことが大切ですし、また瑕疵が存在するであれば隠さないようにします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

不動産売却における買取と媒介のメリット
不動産売却をしたら確定申告をする
不動産売却の手数料はかなり高い
不動産売却で一戸建てを高値で売却するには
不動産売却する際の費用やポイント
空き家に係る不動産売却益には所得税が課税される
不動産売却の仲介手数料は高くつく
不動産売却を円滑に行うための流れ
不動産売却に伴う登記申請書添付する必要書類とは
不動産売却には諸費用がかなりかかる
不動産売却は相場を考慮する必要性があるとは
不動産売却をするなら一括査定サービスを上手く使おう
不動産売却には様々な方法があるとは
相続した不要な不動産売却に伴う住民税・所得税
不動産売却する理由よって取引の流れが違うのか
不動産売却の手順とかかる経費について
相続した空き家を売却した場合は、不動産売却益から特別控除額を差し引く事ができる
不動産売却時における固定資産税の精算
不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ
不動産売却で控除を受けられる場合は
不動産売却にはコツがあります!
不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!
不動産売却はタイミングを見て損なく売る事
不動産売却を有利に進める為のおすすめの方法