不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!

不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!

不要になった不動産を売りたいと考えている人は、譲渡所得や取得費などの知識が必要になります。そのため、算出方法を紹介していきます。また、どうしても取得費がわからないときの対処方法も触れていきますので、是非参考にしてください。

譲渡所得を算出する必要があります

不動産売却のときには必ず譲渡所得が発生しますが、毎年の確定申告においては譲渡所得を算出する必要があります。その算出方法は単純であり、不動産売却の価格から取得費と譲渡費用を差し引くだけでかまいません。ここでいう取得費とは土地や住宅を購入したときにかかった費用や住宅を改築したときにかかった費用などを合計した金額のことです。ただし、住宅に関しては減価償却費を差し引かれます。譲渡費用は不動産売却にかかった費用のことです。たとえば、不動産会社に仲介を依頼したときの手数料がこれにあたります。これで算出することができます。

所持している期間に応じて税率は変わります

譲渡所得が算出された後は、その金額から税率をかけると、譲渡費用が出てきます。この税率は何年使用したかで変わってきます。不動産売却におけるポイントにもなります。長期間所持していればかかる税率が低く15%程度です。一方、短期間しか所持していない場合は税率が高くなって30%になります。なるべく長期間使用して税率があまりかからない状態で売るといいでしょう。ちなみに、不動産売却のときに譲渡所得を支払う必要がありますが、取得費がわからない場合であっても概算取得費を算出すれば確定申告を進めるのに問題ありません。

算出方法には2種類があります!

不動産を所持している人の中には先祖代々受け継がれているものもあります。そのような場合には取得費がどうしても不明になってしまいます。そのようなケースでは概算取得費を計算しましょう。これは不動産売却で得た金額の5%と考えるというものです。たとえば、2000万円で売却できれば100万円になります。また、国税庁から出ている「建物の標準的な建築価格表」を利用して算出することも可能です。どちらの算出方法であっても問題ありません。不動産売却をスムーズに進めるためにも、こうした知識を把握しておくことが大切です。

まとめ

不動産売却をスムーズに進めるには譲渡所得や取得費の知識が必要になります。算出方法はいずれも簡単です。所持している期間が長ければ長いほど税率が低くなりますので、譲渡費用が安くなります。取得費がわからない場合には概算で問題ありません。

比較ページへのリンク画像