不動産売却の手数料はかなり高い

不動産売却の手数料はかなり高い

住まなくなった不動産は、維持費がかかるので、早めに売った方が得です。しかしもし売ったとしても、利益が生まれない可能性があります。それは不動産売却の際に、様々な手数料を払わなければならないので費用がかさむからです。

住宅ローンの返済にはかなり費用がかかる

記事のイメージ画像

まず家を売る時に必ず払わなければならないのが、残っているローンです。これは人によって変わってきますが、返済しきれてない場合はこれだけで売価を超えることもあるので、非常に厄介です。そして住宅ローンが残っている場合には、手数料が発生します。これを事務手数料と呼びます。この費用は、住宅ローンを繰り上げて返済するせいで発生する費用です。相場は3000円から5000円程度なので、とてつもなく高いという訳ではありませんが、こうした費用もかかると覚えておかなければ損した気分になるのでこれがかかることは覚えておきましょう。

仲介してもらう費用が非常に高い

不動産売却の時の手数料はもう一つあります。それは仲介手数料です。これは最大値が決まっていてそれ以下で自由に決められる費用ですが、大体の場合は最大の値段がかかります。仲介手数料は、不動産の売却価格の3%+60000円+消費税という式で導かれます。これが意外に高い費用になってしまいます。売却価格が1000万円だった場合は40万円ほどかかることになります。売却価格の3%はかなり大きいという事です。これを踏まえると、もし不動産が残っている住宅ローンと同じ値段で売れたとしても、仲介手数料があるため赤字になってしまうという事態が起きます。

かからない会社に依頼するのはリスクが大きい

それに対して、仲介手数料が無料だというサービスを行っている会社もあります。この費用にかかる金額を考えると、これがかからないだけで40万円程も得することが出来るので、とても得なサービスに見えます。しかし、不動産売却においては会社の見積もりによって、仲介料以上の値段が上下します。仲介料が無料でも、不動産売却価格が低ければ結果的に損してしまうし、逆に売却価格がとても高くなるのなら仲介料がかかったとしても得になります。仲介料は求め方が分かっているので、売却価格を見積もってもらってから仲介料を引いて比較することで利益を最大化できます。

まとめ

不動産売却で損をする場合も多くあります。しかし、いずれは売却しなければならないものであり、残していれば別で維持費がかかってしまいます。なので、早く見積もりをして高く売却を済ませるのが一番損しません。素早い行動が大事というわけです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

不動産売却における買取と媒介のメリット
不動産売却をしたら確定申告をする
不動産売却で一戸建てを高値で売却するには
不動産売却する際の費用やポイント
空き家に係る不動産売却益には所得税が課税される
不動産売却の仲介手数料は高くつく
不動産売却を円滑に行うための流れ
不動産売却に伴う登記申請書添付する必要書類とは
不動産売却には諸費用がかなりかかる
不動産売却は相場を考慮する必要性があるとは
不動産売却をするなら一括査定サービスを上手く使おう
不動産売却には様々な方法があるとは
相続した不要な不動産売却に伴う住民税・所得税
不動産売却する理由よって取引の流れが違うのか
不動産売却の手順とかかる経費について
相続した空き家を売却した場合は、不動産売却益から特別控除額を差し引く事ができる
不動産売却時における固定資産税の精算
不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ
不動産売却で控除を受けられる場合は
不動産売却にはコツがあります!
不動産売却に関連しているトラブル
不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!
不動産売却はタイミングを見て損なく売る事
不動産売却を有利に進める為のおすすめの方法