不動産売却する際の費用やポイント

不動産売却する際の費用やポイント

実家の売却を考えているなら、信頼できる不動産会社と媒介契約を交わすことが大切です。また、多くの人が不動産売却の素人です。無知なまま売却すると後悔することがあるので、しっかりと売却に関する基礎知識を勉強しておくことも大事です。

仲介手数料は不動産会社に支払う費用

不動産は、買うときにも売るときにもお金がかかります。家を売るときも同じです。使用していない実家の売却を検討しているなら、売却によってどのくらいの費用が必要になるのか、知っておくことが大切です。まず、家は素人だと売却するのが難しいので、不動産会社と契約して売却先を探してもらうことになります。実家のある不動産事情に詳しい不動産会社なら、独自のルートで良い売却先を見つけてくれる可能性が高いです。実家の売却先が見つかり、交渉がまとまれば、報酬金として不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は不動産売却の際の諸経費の中で、一番大きな割り合いをしめます。上限は決まっていて、売却価格×3%+6万円+消費税です。

不動産売却契約書に貼る印紙税も必要

不動産売却では売り主と買い主との間で「不動産売買契約」を交わします。その際に作成するのが不動産売買契約書です。売買契約書には、印紙税が課税されます。印紙税も、仲介手数料と同じように不動産の取り引き価格によって大きく異なります。家を100万円以上500万円以下で売却できた場合は、印紙税は2千円です。500万円以上1000万円以下で売却できた場合は、1万円です。一般的な一軒家なら1000万円以上5000万円以下で取り引きされることが多いので、その場合必要になる印紙税は1万5千円と覚えておくと良いです。

高く売却できたときにかかる費用

あまりないケースですが、購入したときよりも高く家が売れることもあります。その場合は、利益が出た分に所得税と住民税が課税されます。しかし、ほとんどのケースで購入したときよりも売却価格が安くなるのが普通です。その場合は所得税も住民税も不要です。また、特例によって確定申告をすれば所得税が戻ってくる場合もあります。損をしないために、家の売却が成功したら必ず確定申告をしておくことが大切です。なお、まだ実家の住宅ローンが残っているケースでは、抵当権抹消登記、住宅ローンの繰り上げ返済にかかる手数料などが必要です。

まとめ

仲介手数料、印紙税など、不動産売却においては、様々な諸経費が必要になります。基本的に取り引き価格が大きくなるほど、諸経費も大きくなります。実家を売却するなら、諸経費を引いた手取り金額がいくらになるのか、しっかり把握しておくことが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

不動産売却における買取と媒介のメリット
不動産売却をしたら確定申告をする
不動産売却の手数料はかなり高い
不動産売却で一戸建てを高値で売却するには
空き家に係る不動産売却益には所得税が課税される
不動産売却の仲介手数料は高くつく
不動産売却を円滑に行うための流れ
不動産売却に伴う登記申請書添付する必要書類とは
不動産売却には諸費用がかなりかかる
不動産売却は相場を考慮する必要性があるとは
不動産売却をするなら一括査定サービスを上手く使おう
不動産売却には様々な方法があるとは
相続した不要な不動産売却に伴う住民税・所得税
不動産売却する理由よって取引の流れが違うのか
不動産売却の手順とかかる経費について
相続した空き家を売却した場合は、不動産売却益から特別控除額を差し引く事ができる
不動産売却時における固定資産税の精算
不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ
不動産売却で控除を受けられる場合は
不動産売却にはコツがあります!
不動産売却に関連しているトラブル
不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!
不動産売却はタイミングを見て損なく売る事
不動産売却を有利に進める為のおすすめの方法