不動産売却の仲介手数料は高くつく

不動産売却の仲介手数料は高くつく

不動産売却を行うと、確かに金銭的に得をします。しかし得する分において思っていたより少なくなってしまうことがよく起きます。これは何故かというと、不動産売却では売却価格がそのまま手に入るのではなく、仲介手数料が発生するからです。

売却によって得する分はどれくらいか

まず不動産売却をすると、二つの利益が生まれます。一つ目は、維持費がかからなくなります。使わない不動産は持っていても維持するために費用をかけなければいけませんが、売ればそれが無くなります。そして二つ目は、不動産を売ることでお金が手に入ります。これはかなりの金額になりますが、ここに穴があります。もし高価で売れたとしても、そこから様々な減額が発生してしまうため、売却価格がそのまま手に入る訳ではありません。大きな減額は、ローンの残債と仲介手数料の二つです。ローンの残債とは、まだ返済しきっていないローンを払い切らなければならないということです。

割合的には少ないが金額にすると高い

そして仲介手数料は、売買の仲介をしてくれた業者に対して払う上限が決まっている手数料です。これは大抵の場合上限金額が請求されます。上限金額は、売却価格の3%+60000円+消費税となっています。こうして見ると少なく見えますが、金額にするとかなりの費用がかかります。例えば2000万円で不動産売却をした場合は、70万円も仲介手数料として取られてしまうことになります。これが思ったような利益を得られない原因です。また不動産売却で利益を出した場合は、収入として確定申告をする必要があり、所得税が発生してしまいます。

見積もり金額と手数料を考慮して選ぶ

記事のイメージ画像

不動産売却において、業者によって売却価格はかなり変わると言われていますが、それに対して仲介手数料もあるのと無いのではかなりの差があります。これを考えないと、見積もりでは高かったのに結果的に損になってしまうという事態も発生することがあります。これを避けるためには、仲介手数料を計算した上で見積もりを比較することが重要になります。手数料のかかる業者の見積もり金額からは仲介手数料を引いていくらで売れるのかと考えるようにすれば、利益を最大にすることが出来ます。そして逆に、見積もり金額によっては手数料がかからない業者の方が得というわけでもないことに注意しましょう。

まとめ

確かに見積もり金額で業者を決定することは大事ですが、仲介手数料も費用は6桁にのぼってしまうかなりの経費です。賢く利益を得て、不動産売却の後に後悔しないためには、いくら儲かるかだけでなくいくら減らされるのかも考慮することが必要です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

不動産売却における買取と媒介のメリット
不動産売却をしたら確定申告をする
不動産売却の手数料はかなり高い
不動産売却で一戸建てを高値で売却するには
不動産売却する際の費用やポイント
空き家に係る不動産売却益には所得税が課税される
不動産売却を円滑に行うための流れ
不動産売却に伴う登記申請書添付する必要書類とは
不動産売却には諸費用がかなりかかる
不動産売却は相場を考慮する必要性があるとは
不動産売却をするなら一括査定サービスを上手く使おう
不動産売却には様々な方法があるとは
相続した不要な不動産売却に伴う住民税・所得税
不動産売却する理由よって取引の流れが違うのか
不動産売却の手順とかかる経費について
相続した空き家を売却した場合は、不動産売却益から特別控除額を差し引く事ができる
不動産売却時における固定資産税の精算
不動産売却と登記に関わる費用に関するあれこれ
不動産売却で控除を受けられる場合は
不動産売却にはコツがあります!
不動産売却に関連しているトラブル
不動産売却をスムーズにするために取得費の知識が大切!
不動産売却はタイミングを見て損なく売る事
不動産売却を有利に進める為のおすすめの方法